ネイル・まつげエクステ専門情報サイト

ネイルを塗るコツ


ネイルを自分で塗ろうと思っても、なかなか上手く塗れないという人も多いことでしょう。
綺麗に塗るためにはサロンへ行ったほうがいいのかというと、そうではありません

ここでは、ネイルを上手く塗るコツを順番に紹介しています

まず始めは、爪の表面を磨くことからはじめます。
バッファーという爪磨き専用の道具がありますから、それを使うといいでしょう。
爪を磨くことで、表面がきれいに整いますから、ネイルカラーがくっつきやすくなります。

目の細かいバッファーを使い、さらに磨くことで、より密着度がまします。

特に爪の表面がでこぼこしている人や爪が波打っている人は念入りに整えたほうがいいでしょう
爪が薄い人は、磨きすぎに注意しましょう

爪を整えたあとは、リムーバーやエタノールで爪についてる脂分を取り除きます。

そして、爪の裏のエッジから表面へと、ベースコートを塗っていきます。
ベースコートは薄く1度塗りにし、厚塗りしないようにしましょう。

ベースコートが乾いたら、ネイルカラーを塗っていきます。
ネイルカラーは液を少しずつ出して使用します。

ネイルカラーを毛の先に集めた状態で、爪の真ん中の甘皮の場所から爪の面にそってハケを45度くらいにして爪の先端へと塗っていきます。
ネイルカラーが甘皮につかなきように、ゆっくり塗りりましょう。

真ん中を塗ったら、次にサイドをゆっくりと塗っていきます。

ネイルカラーを塗り終わり、乾いたら仕上げとして、トップコートを素早く塗って完了です



最終更新 2012/12/12 18:31:36 - cretech777
(2011/04/28 11:21:08 作成)


アクセス数
30270