ネイル・まつげエクステ専門情報サイト

ネイルと気泡


ネイルを塗るときに気泡が入っているという経験をしたことのある人は多いかと思います
そこで、今回はネイルの気泡をどのようにしたら防ぐことができるのかを紹介しています。

ネイルの気泡は、ネイルの塗り方の問題があるのではなく、実はネイルカラーの普段の使い方に問題があるのです

どういうことかというと、ネイルを塗る前にネイルカラーが分離していることに気づいたら、あなたはどうしますか

ネイルの入っているボトルを上下に振ると答える人もいると思いますが、実はこのボトルを振ることが、気泡を作る原因なのです。

ボトルを上下に振ると、ボトルの中に入っている空気とネイルカラーが混ざってしまいます。
これが気泡ができる原因につながるわけです。

ネイルカラーが分離したいたら、ボトルを手のひらの上でボトルごと転がすことで、分離を解消することができます。

この作業をすることで、空気がネイルカラーと混ざり、気泡ができるということも少なくなります

癖でついついネイルカラーのボトルを振ってしまった場合には、このネイルカラーは使わずに、1日以上そのまま置いておくとよいでしょう。
そうすると、混ざってしまった空気が元の状態に戻ります

ただ1つだけ例外があり、ラメが入っているネイルカラーだけは上下に振らないとラメが均等にならないことがあります。

ラメが入っているネイルカラーは気泡が入りにくいそうなので、ラメ入りのネイルカラーは振っても大丈夫ということを覚えておくといいでしょう




最終更新 2012/12/12 18:31:53 - cretech777
(2011/04/14 10:38:32 作成)


アクセス数
30560