ネイル・まつげエクステ専門情報サイト

ネイルと爪の長さ


やはり綺麗な爪にネイルアートを施すと、長く維持できるそうです。
では綺麗な爪とはどういった爪なのでしょうか

今回は爪の長さについて説明していきます

ネイルを施すにあたって、適している爪の長さというのがあるそうです。
爪の長さは人それぞれ違うの、適している爪の長さも変わってきます。

爪が長すぎると、上品には見えないこともあります。
ですので、適度な長さを保つことは、大切といえるでしょう。

ですが、あまり爪を長くしすぎてしますと、日常生活に不便さを感じたり、爪がすぐに折れてしまったりと注意が必要となってきます。
また、つけ爪をして爪を長く見せる人もいるかもしれませんが、つけ爪をすると、爪の重さで自爪の根元が痛むことがあります。

自爪を傷めてしまっては、意味がありませんし、回復するまでに時間がかかることもあるので注意が必要です

ネイルをするのあたって限界といわれている長さは、フリーエッジが爪全体の3分の1位になっていて、ネイルヘッドの半分になってくるともうこれ以上は限界だそうです。

フリーエッジの詰めの上の白い部分が爪の全体からみると4分の1位の長さになっているというのがネイルをするにあたり、理想的な爪の長さだといわれています。

爪を切るときなどは爪切りは使用せず、ファイリングといって爪やすりを使うといいそうです。
ネイルを施すにあたり、爪の長さにより全体のバランスなども変わってきますから、爪の長さは実は意外と大切なです

最終更新 2011/03/23 10:06:49 - cretech777
(2011/03/23 10:06:49 作成)


アクセス数
31082