Linuxなどのメモ書き
リンク

その他のWiki
Linuxメモ
Xnuメモ

会社
(有)ビットハイブ
受託開発やってます。

よくやる仕事

・Webシステム開発(LAMP環境)
・Linuxサーバー設定関連
サーバー移転作業代行

開発事例にデジタルカタログ/マンガビューワーを追加しました。

検索

Adsense

Magento2 アップデート手順(git cloneでインストールした場合)


概要

Magento2 インストール(開発者向け)のようにgithubのリポジトリをcloneしてMagentoをインストールしていた場合のアップデート手順の説明。

以下の手順では、tag 2.2.5をインストールしていたものとし、これを2.2.6にアップデートするものとする。

作業前の準備

DocumentRoot以下のファイルとデータベースはバックアップを取っておくこと。

手順

まず、composer.jsonの内容を確認する。インストール後に日本語化モジュール等、モジュールをインストールしていた場合、composer.jsonが変更されている可能性がある。

composer.jsonが変更されている例

# git diff
diff --git a/composer.json b/composer.json
index 6479861d403..fc87e92de37 100644
--- a/composer.json
+++ b/composer.json
@@ -70,7 +70,9 @@
         "ext-zip": "*",
         "ext-pdo_mysql": "*",
         "ext-soap": "*",
-        "ramsey/uuid": "~3.7.3"
+        "ramsey/uuid": "~3.7.3",
+        "veriteworks/m2-japaneselocale": "^1.2",
+        "magento-japan/m2-jplocalize": "dev-master"
     },
     "require-dev": {
         "phpunit/phpunit": "~6.2.0",

ここでは、veriteworks/m2-japaneselocale,magento-japan/m2-jplocalizeのふたつのモジュールが追加されているものとして説明する。

composer.jsonが変更されている場合は、一応ファイルのバックアップを取っておく。

# cp composer.json composer.json.bak

次にワークツリーをアップデート先のバージョンのものに更新する。ここでは2.2.6に更新する。

# git checkout 2.2.6

composer.jsonが変更されていた場合などは、checkoutでエラーになることがある。その場合は一旦stashしてcheckout後にマージする等の作業が必要になる。今回は変更差分は少ないので、checkoutでcomposer.json,lockの変更を破棄した後、2.2.6をcheckoutして、手動でcomposer.jsonを修正して変更分をマージする。

# git checkout composer.json
# git checkout composer.lock
# git checkout 2.2.6
# vi composer.json
<-- 変更をマージ(veriteworks/m2-japaneselocale,magento-japan/m2-jplocalizeを追加する)

新しいバージョン用にcomposer moduleを更新する。

# php composer.phar update

DBの更新、キャッシュのクリア等を行う。

# ./bin/magento setup:upgrade
# ./bin/magento cache:clean
# ./bin/magento setup:di:compile

以上で完了。

独自にブランチを切ってカスタマイズしていたような場合でも、新しい修正分を独自ブランチにマージしていけば同様の手順でアップデートできるはず。

 


最終更新 2018/09/21 21:07:50 - kztomita
(2018/09/21 21:07:50 作成)