Linuxなどのメモ書き
リンク

その他のWiki
Linuxメモ
Xnuメモ

会社
(有)ビットハイブ
受託開発やってます。

よくやる仕事

・Webシステム開発(LAMP環境)
・Linuxサーバー設定関連
サーバー移転作業代行

開発事例にデジタルカタログ/マンガビューワーを追加しました。

検索

Adsense

Magento2 インストール(開発者向け)


概要

開発者向けのMagento2インストールまとめ。

githubからリポジトリをcloneしてインストールする。zipファイルをダウンロードしてインストールする手順(一般ユーザ向け)はMagento2 インストール(.zip, .tar.gz等から)を参照。

手順

1. リポジトリのcloneとモジュールのインストール

まずはMagentoのリポジトリをcloneする。

# git clone https://github.com/magento/magento2.git

このままだとリポジトリの内容がHEADで開発中のものなので、既存の安定版のバージョンを指定する。

# cd magento2
# git checkout 2.2.5

次にcomposerをつかってモジュールをインストールする。

# curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
# php composer.phar install

リポジトリをDocumentRoot(/var/www/magento2)に移動する。

# cd ..
<rootなりsudoで...>
# mv magento2 /var/www/

2. phpモジュールのインストールとファイルパーミッションの調整

これは、Magento2 インストール(.zip, .tar.gz等から)と同じ。

3. インストールの開始

これも、Magento2 インストール(.zip, .tar.gz等から)と同じ。http://<Magentoの設置先>/setup/にアクセスして、セットアップウィザードからインストールを行う。

インストール完了後も同様に、キャッシュを有効にしておくとよい。cronの設定も忘れずに。

zipインストールとの違い

gitリポジトリを使ってインストールした場合、Magentoのコアモジュールはapp/code/Magento配下に置かれる。独自のカスタマイズをしたい場合は、branchを作成してそこを修正していき、Magentoのアップデートを反映させたい場合は、mergeしていけばうまくいく(はず)。

 


最終更新 2018/09/03 14:36:53 - kztomita
(2018/08/31 15:34:21 作成)