無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

VAIO PCG-C1MZXへのインストール


VAIO PCG-C1MZXへRedHat7.3をインストール(WinXPとのデュアルブート)した時のメモ。今FedoraCoreをインストールするならスンナリいくかも。

パーティションの作成

(1) D:\GigaPocketV5をバックアップ
(2) Dドライブ削除(エラーとなるので強制的に削除)
(3) Dドライブを小さくして再確保&フォーマット
(4) GigaPocketV5を元に戻す
(5) 再起動後、GigaPocketが動作することを念のため確認
(6) Linuxとのデータ交換用にFAT32パーティションを作成する。

インストール

(1) インストールディスクでブート

Panasonic製のUSB FDDを使用してインストールディスクを読みこみ。FDDは認識してインストーラー動き始めるがALI15X3へのアクセスでハングアップするので、ブート時には以下のBootOptionを指定してPCIを使用しないようにしてブートする。

boot: linux pci=off

(2) インストール作業

通常通りインストールする。BootDiskは作成できなかった(USB FDDを認識できなかった?)。

(3) ブートローダ(lilo)の設定

XPのブートローダ用にBootSectorをC:\に持ってこないといけない。 BootDiskが作れなかったので、とりあえずGrubをFDにインストールして カーネルを立ち上げる。その後、ブートセクタを取り出してFAT32領域にでもコピーしておくこの時点では立ち上げ時にまだpci=offのオプションが必要なのでlilo.confもしくはmenu.lstに登録しておくとよい。

(4) XPのブートセレクタを設定する

カーネルのリコンパイル

pci=offのままだとEtherが使えないのでpci=offのオプションなしで立ち上がるようにする。以下のConfigを変更してリコンパイル。

Ether   - RealTek RTL8139を"Y"
ALI15X3 - BlockDeviceALI15X3の項目を"N"


最終更新 2006/04/12 00:53:47 - kztomita
(2006/04/12 00:51:51 作成)