無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

Subversion バックアップ


svnadmin dumpコマンドによりバックアップを取れる。コマンドを実行すると標準出力に出力されるのでファイルに書き出せばよい。

# svnadmin dump /home/SV/TestRepos > repos.bakup
* リビジョン 0 をダンプしました。
* リビジョン 1 をダンプしました。
* リビジョン 2 をダンプしました。

バックアップを戻す場合は、svnadmin loadで採取したバックアップを標準入力から読み込ませてやればよい。リポジトリを別のマシンに移した場合などで、リポジトリが無い場合はsvnadmin createで空のリポジトリを作成してからそこに戻す。

# svnadmin load /home/SV/TestRepos < repos.bakup
<<< オリジナルのリビジョン 1 に基づき、新しいトランザクションを開始しました
:
<略>
:
------- リビジョン 2 をコミットしました >>>

捕捉
Subversionではバイナリでデータベース管理しているため、リポジトリを単にコピーしただけでは、他のアーキテクチャのマシンへの可搬性がない。svnadmin dumpでバックアップすることで、テキスト形式でバックアップされるため、他のマシンへの移行が可能になる。


最終更新 2006/06/07 15:26:22 - kztomita
(2006/06/07 15:26:22 作成)