無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

JSP/サーブレット設定


JSP/サーブレットに関する設定メモ

[環境]
  • OS Linux
  • Apache 1.3.33
  • Tomcat 4.1.31
  • Apache-Tomcat連携コネクタ mod_jk2

[手順]
(helloサーブレットを追加する場合)

1. Apache-Tomcat連携コネクタ mod_jk2の設定

mod_jk2設定ファイル ${APACHE_DIR}/conf/workers2.properties に以下の行を設定。

workers2.properties

              <略>

[uri:/examples/servlet/HelloW]
info=Example with debug enabled.
debug=10

[uri:/hello/*] <-- URLにマッチした場合にTomcatへ転送

              <略>



2. Tomcatの設定

${TOMCAT_DIR}/conf/server.xml の<Host>内に以下のように<Context>タグを追加

server.xml

              <略>
        <Context path="/hello" docBase="/home/httpdoc/webapps/hello" debug="0" reloadable="true" >'''
        </Context>
      </Host>
              <略>
<--/hello/xxxxx へのアクセスに対して/home/httpdoc/webapps/helloにあるサーブレットを実行する。


3. アプリケーションの配置
server.xmlのdocBaseに指定したパスにサーブレットを置く。

/home/httpdoc/webapps/hello/
  WEB-INF/lib
  WEB-INF/web.xml
  WEB-INF/classes/HelloServlet.class

web.xmlは以下のように作成して
Tomcatが実行するクラスを指定する。

web.xml
<?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>

<!DOCTYPE web-app
   PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
   "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">

<web-app>
    <servlet>
        <servlet-name>Hello</servlet-name>
        <servlet-class>HelloServlet</servlet-class>
    </servlet>
    <servlet-mapping>
        <servlet-name>Hello</servlet-name>
        <url-pattern>/test/HelloServlet</url-pattern>
    </servlet-mapping>
</web-app>
<--/test/HelloServletへのアクセスに対してclassesディレクトリ配下のHelloServlet.classを実行する。


以上で
http://xxx.xxx.com/hello/test/HelloServlet
へのアクセスでHelloServlet.classサーブレットが実行されるようになる。


最終更新 2006/03/24 16:33:01 - kztomita
(2006/03/24 16:33:01 作成)