無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

Emacs 日本語環境


XEmacsでの日本語環境の設定/操作に関するメモ

1. 基本的な設定

1.1 デフォルトの文字コードの設定

xemacsはファイルを読み込む時に自動的に文字コードを判定してくれるが、ファイルの新規作成時などで使用するデフォルトの文字コードを指定する場合は、設定ファイル(~/.xemacs/init.el)の中でset-default-coding-systemsで文字コードを指定しておけばよい。以下はUTF-8を指定する例。

(set-default-coding-systems 'utf-8)

文字コードに関しては基本的には上記のようにdefaultを設定しておけば、他のset-default-buffer-file-coding-systemなどの個別の設定はいらないはず。

1.2 現在の文字コード設定の表示

現在の文字コードの設定を確認したい場合は、M-x describe-coding-system <Enter>で表示できる。

Coding system for saving this buffer:
  u -- utf-8
Default coding system (for new files):
  u -- utf-8
Coding system for keyboard input:
  u -- utf-8
Coding system for terminal output:
  u -- utf-8
  <略>

2.知っておくと便利な操作

2.1 文字コードを指定してファイルを読みこむ

xemacsはファイルを読み込む時に自動的に文字コードを判定してくれるが、何らかの理由で正しく判定されない場合は、以下のようにして文字コードを指定してファイルを開くことができる。

(1) M-x universal-coding-system-argument <Enter>

(2) utf-8 <Enter>

(3) C-x C-f <ファイル名>

universal-coding-system-argumentは指定した文字コードでI/Oコマンドを実行するための関数。

2.2 文字コードを指定してファイルを保存する

Emacsでファイルを開いて(もしくは作成して)から別の文字コードでファイルに保存したい場合は、以下のようにする。

(1) M-x set-buffer-file-coding-system <Enter>

(2) utf-8 <Enter> (変換したい文字コード)

これ以降ファイルを保存すると、ここで設定した文字コードでファイルに保存される。set-buffer-file-coding-systemはset-file-coding-systemでもよい(単なるエイリアス)。

なお、ここで設定した値は変数 buffer-file-coding-system に保存される。M-x help<Enter> v buffer-file-coding-system <Enter> でヘルプと供に値を確認できる。編集バッファの内容がファイルに書き出される時は、この変数に指定された文字コードで書き出される。M-x describe-coding-system <Enter>でも確認は可能。



最終更新 2006/08/24 01:20:35 - kztomita
(2006/08/22 15:15:32 作成)