無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

3ware 8006-2LP保守関連コマンド



3ware 8006-2LP関連のコマンドラインツールまとめ。
他の3ware RAIDカードも多分おなじ。

tw_cliコマンド

tw_cliというコマンドラインツールがあり、このコマンドにより3DM2(Web管理画面)と同等の作業ができる。

情報の表示
#./tw_cli show

Ctl   Model        Ports   Drives   Units   NotOpt   RRate   VRate   BBU
------------------------------------------------------------------------
c0    8006-2LP     2       2        1       0        3       -       -

コントローラc0の情報表示
# ./tw_cli /c0 show

Unit  UnitType  Status         %Cmpl  Stripe  Size(GB)  Cache  AVerify  IgnECC
------------------------------------------------------------------------------
u0    RAID-1    OK             -      -       232.885   ON     -        -        

Port   Status           Unit   Size        Blocks        Serial
---------------------------------------------------------------
p0     OK               u0     232.88 GB   488397168     VFA100R1078W9K      
p1     OK               u0     232.88 GB   488397168     S17HJ90Q405053

ポートp0の情報表示
# ./tw_cli /c0/p0 show

Port   Status           Unit   Size        Blocks        Serial
---------------------------------------------------------------
p0     OK               u0     232.88 GB   488397168     VFA100R1078W9K 


コマンドのヘルプ
# ./tw_cli help
各コマンドにhelpをつけることで、コマンドの詳細なヘルプが表示される。
# ./tw_cli show help


smartctl

SMART情報を表示するsmartctlコマンドを、RAIDカード配下のハードディスクに対して実行する場合は、
/usr/sbin/smartctl -a -d3ware,0 /dev/twe0

のように指定する。

/dev/twe0はRAIDカードデバイス。-d3ware,0でRAIDカード配下のディスクを指定する。(この場合はport0のディスク)



最終更新 2011/01/10 00:59:07 - kztomita
(2011/01/10 00:59:07 作成)