無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

3ware 8006-2LPインストール


Ozzio MXV8250SD(Pentium D 2.8GHz, RAM 1GB)にSATA Raidカード(3ware 8006-2LP)を導入した時のメモ。OSはFedora Core6を使用。

3ware 8006-2LPの特徴

3ware 8006-2LPはSATAディスク2台でRAID0,1を構築できる。ハードウェアRAIDの割に値段もそれほどせず(2万円程度)、OSもWindows以外にLinux、FreeBSDがサポートされている。

購入物件

MXV8250SDには元々SATAの250GBディスクが付いているので、3ware 8006-2LPの他にもう一台250GBのディスクを購入して、250GB×2のRAID1(ミラーリング)を構築する。

導入

8006-2LPをPCIスロットに挿した後、SATAディスク×2を 3ware 8006-2LPと接続して電源ON。起動中にAlt-3を押すと3ware のBIOSツールが起動する。

BIOS画面でディスクが2つ見えるので、この2つを選択してアレイを作成する。RAID1ではアレイ作成しても、ディスクの初期化などは発生しない。設定を保存して終了すれば、アレイからブートしようとする。(OSが入っていないので止まる)

OSのインストール

Fedora Core6のインストールDVDを入れてリスタートすれば、3wareのドライバも自動で読み込まれて、何の問題もなくインストール完了。

管理ツール3DMのインストール

3wareには3DMというブラウザ上で動作するRAID管理ツールがあるのでインストールする。添付のCD-ROMにも入っているが、古いせいかデーモンが正常に起動しなかった(Error: opendir() failed - No such file or directory. Check if the driver is loaded. のエラーが出続ける)ので、3wareのサイトから最新版をダウンロードした方がよい。12/18時点で最新のVer.9.3.0.7を使用した。

インストールにはダウンロードしたtgzファイルを展開して、install.3dmを実行すればよい。以下はインストール時のログ。

# ./install.3dm -i

3ware 3DM2 installation, configuration and removal script.
(c) 2006 Applied Micro Circuits Corporation. All rights reserved.

Script version: v2.03.00.018 for x86
****************************


3DM2 supports two modes of operation.
-------------------------------------
0 - 3DM2 with remote/local GUI via WEB interface (Default)
1 - 3ware error logger only

Which version of 3DM would you like configured? [0 - 3DM2]
ブラウザベースのツールを入れるので0

**** 3DM2 version being installed is: 2.04.00.018 for x86 ****
3DM2 help files being installed... done.
3DM2 message files being installed... done.

Would you like to have email notification enabled? (Y/N) [Y]
エラーをe-mailで通知する
Please enter the name of your mail server. [skylancer00.xxxxxx.com]: xxxx.xxxxxx.com
送信先のメールサーバーを指定する
Please enter the name of the user you want sending email notification. [root]:
メール送信時のユーザ名
Please enter the name of the user you want receiving email notification. [3ware_admin]: xxxxxx
宛先のユーザ名

Email Notification Severity Levels.
-----------------------------------
1) Errors
2) Warnings
3) Information

Please enter the email notification severity level (1,2,3). [1]: 2
通知するイベントのレベルを指定する
Please enter the port number you would like to use for web monitoring. [888]:
ツールをどのポートで動かすか指定する
Would you like 3DM2 connection security to limit connections to localhost only? (Y/N) [Y]
ネットワーク経由で管理ツールに接続できるようにするかを指定する
*** Starting 3DM2 using configuration found in /etc/3dm2/3dm2.conf ***
[1] 5242

Cleaning up installation files....

Starting 3ware DiskSwitch daemon: [  OK  ]
[1]  + 終了                        /etc/init.d/tdm2 start
# 
インストール完了

これらの設定は、後から3dmで変更可能。confファイルは/etc/3dm2/3dm2.confにおかれる。

インストールが完了すると、ブラウザから「https://127.0.0.1:888/」のようにURIを指定すればログイン画面が表示される(httpsなので注意)。ポート番号はインストール時に指定したものを指定する。

また、/etc/init.dにtdm3というスタートアップスクリプトがインストールされるので、デーモンを停止させたい場合は/etc/init.d/tdm2 stopで止めることができる。

User,Administrator共に初期パスワードはマニュアル記載のものに設定されているので、速やかに変更する必要がある。


最終更新 2006/12/18 22:06:34 - kztomita
(2006/12/18 20:31:44 作成)