無料Wikiサービス | デモページ
自分のためのTips、誰かの為にもなるといいな・・・
検索

最近気になる言葉
LINQ
atコマンド
最近更新したページ
2015/7/16
2008/9/15
2008/1/30
2007/12/14
2007/11/14
2007/10/25
2007/9/23
2007/5/30
 

perl 基礎


勉強しつつ、まとめています。間違ってたら御免なさい。

変数

種類

VAR
ファイルハンドル、ディレクトリハンドル
$VAR
スカラー変数
@VAR
リスト
%VAR
連想リスト(インデックスが文字列)
&VAR
サブルーチン

特別な変数

$_
作業用スカラ変数、ファイルから読み込んだ値が入ったり、省略されたり
ARGV
コマンドライン引数のファイルが順に入ったファイルハンドル
@ARGV
引数リスト
STDIN
標準入力
STDOUT
標準出力
STDERR
標準エラー出力

入出力

オープン

読み込み用に開く

open(HANDLE, "filename");

新規作成、書き込み

open(HANDLE, "> filename");

追加書き込み

open(HANDLE, ">> filename");

パイプから入力

open(HANDLE, "command |");

例:ランレベル3のサービスを表示
open(HANDLE, "chkconfig --list | grep 3:on | cut -f 1 |");

while (<HANDLE>) {
  print;
}

close(HANDLE);

パイプに出力

open(HANDLE, "| command");

読み込み、書き込み

一行読み込み

$var = <HANDLE>
改行も読み込みます。改行文字が不要の時は、chopを使えばOK.
例:入力された数値だけを表示
while (<HANDLE>) {
  print if /^[0-9]+\n$/;
}

出力

だいたいこんな感じ
print HANDLE "abcdefg\n", "hijklmn\n";
printf HANDLE "%f\n", 3.14;


最終更新 2007/05/30 21:56:09 - yohei
(2007/05/30 20:16:31 作成)