無料Wikiサービス | デモページ
自分のためのTips、誰かの為にもなるといいな・・・
検索

最近気になる言葉
LINQ
atコマンド
最近更新したページ
2015/7/16
2008/9/15
2008/1/30
2007/12/14
2007/11/14
2007/10/25
2007/9/23
2007/5/30
 

FreeBSDのパッケージ管理


ports

FreeBSD 6.1での情報です。

portsツリー更新

portsnapを使って更新。インストール方法は省略します。
設定は、
man portsnap.conf
で分かります。

初回
portsnap fetch extract update

2回目以降
portsnap fetch update

自動更新させるために、crontabに以下を追加
0       3       *       *       *       root    /usr/sbin/portsnap cron
これで、3:00-4:00の間のランダムな時刻に fetch update を行う
これで、3:00-4:00の間のランダムな時刻に fetch を行う。updateは行われない。
man portsnapで調べたところ、portsのインストールまたはアップデート作業中にcronによるupdateが生じる危険性があるため、cronによるportsnap updateはやめておいた方がよいようだ。

ただし、次のようにインデックスファイルだけ更新するのは有りらしい。
portsnap -I update
でも、結局最新にするには、
portsnap update
を手動で行う事。

更新が可能なportsを表示

バージョンが一致するものは除いて(-L=)、バージョン付き表示(-v)
portversion -vL=

インストール手順

これだけで,依存関係もインストールできる.
portinstall [パッケージ名]
ただし,特殊な設定をしたい場合は事前に調べて、以下のファイルを編集したり、 オプション付きでインストールしなければいけない事も.
  • /etc/make.conf
  • /usr/local/etc/pkgtools.conf

更新手順

# 更新可能なportsのバージョン情報を表示
portversion -vL=
#更新する前に,更新予定のportsの変更内容を確認(目を通した方が良い)
less /usr/ports/UPDATING
# 特に問題なければ、portversionで表示されたパッケージを更新
portupgrade [パッケージ名]

また,portupgrade -a とすると,全てのパッケージを更新できる.


削除手順

pkg_deinstall [パッケージ名]
対象のパッケージに依存するパッケージがインストールされている場合は,エラーとなる.

既知の脆弱性のあるportsを表示

脆弱性のデータベースファイルをダウンロードして調べる
portaudit -dFa


最終更新 2007/10/25 17:48:55 - yohei
(2007/05/27 00:16:15 作成)