無料Wikiサービス | デモページ
Mac OS Xのカーネル Xnuのメモ書き
最近更新したページ

プリエンプション


古いUnixでは、システムコールを発行してカーネル内のコードを実行している時は、他のプロセスにコンテキストスイッチすることはない(I/O待ちなどで自分からBlockしない限り)。

Linuxなんかだと、configでプリエンプションを有効にしておけば、カーネル内のコードを実行中でもコンテキストスイッチが発生する。これにより、システムのレスポンスの向上が期待できる。Xnuでも同じことができる。

プリエンプションはASTを使って切り替えている。ast_on(AST_PREEMPT | AST_URGENT)のようにして、プリエンプションをスケジュールする。スケジュール後、遅延してASTハンドラ(ast_taken())が動作しプリエンプションが行なわれる。プリエンプションを禁止(CPU_PREEMPTION_LEVEL!=0)にするとlocore.s内のルーチンからi386_astintr()が呼ばれなくなりコンテキストスイッチが発生しなくなる。


[関連関数]
disable_preemption()
プリエンプション禁止状態にする。
自CPUのcpu_data_t内のcpu_preemption_levelをインクリメントする。0の時がプリエンプト可能状態。

enable_preemption()
プリエンプションを許可状態にする。

mp_disable_preemption()

mp_enable_preemption()

preemption_enabled()
プリエンプション可能な状態か返す。
プリエンプションレベル(get_preemption_level())が0で割り込みも許可状態であればTRUE。



最終更新 2006/05/21 23:51:00 - kztomita
(2006/05/19 23:47:20 作成)