無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き
検索

Adsense

ssh RSA公開鍵認証 の差分
Rev.7→Rev.8  追加箇所 削除箇所


sshdの設定



鍵の作成

ここでは ssh v1の鍵を作成する。

# ssh-keygen -t rsa1
Generating public/private rsa1 key pair.
Enter file in which to save the key (/home/tomita/.ssh/identity):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/tomita/.ssh/identity.
Your public key has been saved in /home/tomita/.ssh/identity.pub.
The key fingerprint is: 69:6d:4d:78:84:fd:13:3c:8d:41:a3:98:4e:a1:8f:85 tomita@xxxxxx.com
#

以下のファイルが作成される。
秘密鍵 ~/.ssh/identity
公開鍵 ~/.ssh/identity.pub

identity.pub内容リモートホスト(ログイン)~/.ssh/authorized_keys登録する

# cat identity.pub >> ~/.ssh/authorized_keys

パスフレーズ入力の省略

毎回パスフレーズの入力するのが嫌な場合は、パスフレーズをssh-addコマンドでデーモン(ssh-agent)に記憶させておくとよい。

ログイン後、ssh-agentを起動して、ssh-addでパスフレーズを記憶させてしまえば、接続時にパスフレーズを聞かれなくなる。

# eval `ssh-agent`
Agent pid 30763
# ssh-add
Enter passphrase for OpenSSH public key for xxxxx user:
Identity added: /home/tomita/.ssh/identity (OpenSSH public key for xxxxx user)
#

Fedoraではメニューから[デスクトップ] → [個人設定] → [他の個人設定] → [セッション]を実行して「自動起動するプログラム」にeval `ssh-agent`を入れておくとログイン後、いちいちssh-agentを手動で実行しなくてよいので便利。

ssh-agentの停止
起動したssh-agentはログアウト時に停止させた方がよい。

eval `ssh-agent -k`

.bash_logoutあたりにeval `ssh-agent -k`を入れておくとよい。