無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き
検索

Adsense

Perl 祝日名の取得 の差分
Rev.2→Rev.3  追加箇所 削除箇所


編集中。

Calendar::Japanese::Holiday

祝日の一覧取得、祝日判定、祝日名の取得ができるPerl モジュールです。現在CPANにアップ中。

概要

このモジュールで以下のことを行えます。

  • 指定年月の祝日一覧の取得
  • 指定日の祝日判定

祝日判定で祝日だった場合は、祝日名を返すので祝日名の取得もできます。

使用例


use Calendar::Japanese::Holiday;

# 祝日一覧の取得
$holidays = getHolidays(2008, 5);
$holidays = getHolidays(2008, 5, 1);

# 祝日かどうかの判定
$name = isHoliday(2007, 5, 5);

関数

  • getHolidays($year, $month [, $furikae])
指定した年月($year, $month)祝日一覧格納したハッシュへのリファレンスしますハッシュKey日付祝日名になります祝日がない場合ハッシュへのリファレンスしますundefった場合エラーです$year1970以降のみサポートしています1970より指定した場合undefります
$holidays = getHolidays(2008, 5);

返された$holidaysの内容:
$holidays = {
             '4' => "みどりの日",
             '3' => "憲法記念日",
             '5' => "こどもの日" 
            };
$furikae1()にしてすと振替休日一緒すようになります(以下参照)省略時振替休日めません
$holidays = getHolidays(2008, 5, 1);

返された$holidaysの内容:
$holidays = {
             '6' => "振替",
             '4' => "みどりの日",
             '3' => "憲法記念日",
             '5' => "こどもの日" 
            };


  • isHoliday($year, $month, $day [, $furikae])
指定した祝日かどうかを調べます祝日場合祝日名します祝日でなければundefします
$name = isHoliday(2007, 5, 5);

返された$nameの内容
$name = "こどもの日"