無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

Pleskの指定バージョンへのアップグレード


Pleskの管理画面からPleskをアップグレードしようとすると、基本的に最新バージョンしか選択できない。

バージョン指定をしたい場合は、コマンドラインからautoinstallerを使う。

# /usr/local/psa/admin/bin/autoinstaller --select-release-id PLESK_10_4_4

のように--select-release-idオプションでバージョンを指定すればよい。

選択できるバージョンを表示するには--show-all-releasesを指定する。

# /usr/local/psa/admin/bin/autoinstaller --show-all-releases
<略>
plesk PLESK_12_1_20 (Parallels Plesk Panel 12.1.20 (testing)) (testing)
plesk PLESK_12_1_19 (Parallels Plesk Panel 12.1.19 (testing)) (testing)
plesk PLESK_12_1_18 (Parallels Plesk Panel 12.1.18 (testing)) (testing)
plesk PLESK_12_1_17 (Parallels Plesk Panel 12.1.17 (testing)) (testing)
plesk PLESK_12_1_16 (Parallels Plesk Panel 12.1.16 (testing)) (testing)
plesk PLESK_12_1_15 (Parallels Plesk Panel 12.1.15 (testing)) (testing)
plesk PLESK_12_1_14 (Parallels Plesk Panel 12.1.14 (testing)) (testing)
<略>

以上のようにバージョンの一覧が表示される。

 

直接関係ないが、autoinstallerでPleskを更新する際、以下のようにSegmentation faultが発生する場合がある。

Determining the packages that need to be installed.
Segmentation fault

これは以下のコマンドを実行しておくことで回避できる。

# echo 'USE_YUM="YES"' >> /root/.autoinstallerrc

参考URL:

http://kb.odin.com/en/123942

 


最終更新 2015/04/13 16:59:38 - kztomita
(2015/04/13 16:54:16 作成)