Linuxなどのメモ書き

Magento2 エクステンションの作成 その3


1. 概要

Magento2 エクステンションの作成 その2の続き。

ここではModel関連の以下のクラスを作成する。

  • Model
  • ResourceModel
  • ResourceModel Collection

2. Modelの作成

いわゆるMVCのModelクラスを作成する。今回のエクステンションでは、投稿をbithive_topic_postテーブルで管理するのでPostクラスを作成する。ファイルはModel/Post.phpとして作成する。

Model/Post.php

<?php
namespace BitHive\Topic\Model;

use Magento\Framework\Model\Context;
use Magento\Framework\Registry;
use Magento\Framework\Stdlib\DateTime\TimezoneInterface;

class Post extends \Magento\Framework\Model\AbstractModel implements \Magento\Framework\DataObject\IdentityInterface
{
    const CACHE_TAG = 'bithive_topic_post';

    protected $_cacheTag = 'bithive_topic_post';

    protected $_eventPrefix = 'bithive_topic_post';

    /**
     * @var \Magento\Framework\Stdlib\DateTime\TimezoneInterface
     */
    protected $timezone;

    public function __construct(
        Context $context,
        Registry $registry,
        TimezoneInterface $timezone
    )
    {
        $this->timezone = $timezone;
        parent::__construct($context, $registry);
    }

    protected function _construct()
    {
        // ResouceModelのクラス名
        $this->_init(\BitHive\Topic\Model\ResourceModel\Post::class);
    }

    // IdentityInterfaceのメソッド
    public function getIdentities()
    {
        return [self::CACHE_TAG . '_' . $this->getId()];
    }

    public function beforeSave()
    {
        // 更新時のmodifiedを自動設定させるため
        $this->setData('modified', null);

        return parent::beforeSave();
    }

    // $this->getData('date') で取得される時刻はUTCなので、
    // タイムゾーンを指定して時刻を取得するメソッド
    // nullの場合はconfigに従う。
    public function getConvertedDate($format = 'Y-m-d H:i:s', $tz = null)
    {
        $defaultTz = $this->timezone->getDefaultTimezone(); // 'UTC'
        $configTz = $this->timezone->getConfigTimezone();   // 'Asia/Tokyo' Websiteの設定が参照される

        $tz = $tz ?: $configTz;

        $date = $this->getData('date');  // default timezone(UTC)での時刻

        $datetime = new \DateTime($date, new \DateTimeZone($defaultTz));

        $datetime->setTimezone(new \DateTimeZone($tz));

        return $datetime->format($format);
    }
}

 

Modelは\Magento\Framework\Model\AbstractModelの継承と\Magento\Framework\DataObject\IdentityInterfaceインターフェースの実装が必要になる。以下に実装内容を解説する。

コンストラクタでは対応するResourceModelのクラス名を指定する。ResourceModelとは実際にDBへのアクセスを行うクラスのこと。Magento2ではDBへのアクセス処理はModelから分離されており、ResourceModelを介してDBにアクセスする。例えば、Modelのsave(),load()メソッドを呼び出すと対応するResourceModelのメソッドに転送されて、DBへのRead/Writeが行われる。

    protected function _construct()
    {
        // ResouceModelのクラス名
        $this->_init(\BitHive\Topic\Model\ResourceModel\Post::class);
    }

次にIdentityInterfaceインターフェースの実装を行う。これはgetIdentities()メソッドを実装するだけでよい。getIdentities()はModel識別用のIDを含んだ配列を返す。通常、IDはModelごとに決めたPrefix文字列(cache_tag。ここでは'bithive_topic_post')とPRIMARY KEY(レコードのID)を組み合わせた文字列を使う。

    // IdentityInterfaceのメソッド
    public function getIdentities()
    {
        return [self::CACHE_TAG . '_' . $this->getId()];
    }

getIdentities()が返すIDリストはコンテンツのキャッシュ管理に利用される。Magento2ではページ/ブロックを生成する際、そのページ/ブロック内に表示するModelのIdentitiesの一覧を作成し、それをページ/ブロックのIdentitiesとするような実装にする(図1)。Magento2では(FullPageCache機能をOnにしていれば)、ページのキャッシュを作成するが、記事の更新があった際、その記事のIdentitiesを含むキャッシュを探しクリアすることで、必要なキャッシュのみクリアするようになっている(図1)。

 

 図1 Identitiesとキャッシュ

このため、getIdentities()は配列を返すようになっているが、Modelの場合は、一つだけIDを返すようにしておけばよい。

最後に時刻とタイムゾーン関連の説明。

Magento2では越境ECを構築できるため、時刻のカラムは基本的にTIMESTAMP型で持つ。Magento2自体はUTCの設定で動作しているため、DBから取得した時刻をそのまま表示すると、UTCで表示されてしまう。そのため、WebsiteなりStoreなりのタイムゾーン設定を取得/変換する処理が必要になる。getConvertedDate()ではdateカラムの時刻をWebsiteのタイムゾーンに変換し返す。

    // $this->getData('date') で取得される時刻はUTCなので、
    // タイムゾーンを指定して時刻を取得するメソッド
    // nullの場合はconfigに従う。
    public function getConvertedDate($format = 'Y-m-d H:i:s', $tz = null)
    {
        $defaultTz = $this->timezone->getDefaultTimezone(); // 'UTC'
        $configTz = $this->timezone->getConfigTimezone();   // 'Asia/Tokyo' Websiteの設定が参照される

        $tz = $tz ?: $configTz;

        $date = $this->getData('date');  // default timezone(UTC)での時刻

        $datetime = new \DateTime($date, new \DateTimeZone($defaultTz));

        $datetime->setTimezone(new \DateTimeZone($tz));

        return $datetime->format($format);
    }

 

3. ResourceModelの作成

 Postモデルに対応するResourceModelを作成する。ResourceModelはModelのDBへのアクセス処理部分を担う。ファイルはModel/ResourceModel/Post.phpに作成する。

Model/ResourceModel/Post.php

<?php
namespace BitHive\Topic\Model\ResourceModel;

class Post extends \Magento\Framework\Model\ResourceModel\Db\AbstractDb
{
    public function __construct(
        \Magento\Framework\Model\ResourceModel\Db\Context $context
    )
    {
        parent::__construct($context);
    }

    protected function _construct()
    {
        $this->_init('bithive_topic_post', 'post_id');
    }
}

ここでは、最低限の実装で、コンストラクタでテーブル名とIDカラム名を指定するだけでよい。

 

4. ResourceModel Collectionの作成

CollectionはテーブルからModelのリストを読み込んだり、フィルターしたりするクラス。リポジトリパターンのRepository的な存在。ファイルはModel/ResourceModel/Post/Collection.phpとして作成する。

Model/ResourceModel/Post/Collection.php

<?php
namespace BitHive\Topic\Model\ResourceModel\Post;

class Collection extends \Magento\Framework\Model\ResourceModel\Db\Collection\AbstractCollection
{
    protected $_idFieldName = 'post_id';
    protected $_eventPrefix = 'bithive_topic_post_collection';
    protected $_eventObject = 'post_collection';

    /**
     * Define resource model
     *
     * @return void
     */
    protected function _construct()
    {
        $this->_init(\BitHive\Topic\Model\Post::class, \BitHive\Topic\Model\ResourceModel\Post::class);
    }

}

 コンストラクタでModelクラスの名前とResourceModelクラスの名前を指定すればよい。

 

現時点でTopic配下は以下のようになっている。

./registration.php
./Model/ResourceModel/Post/Collection.php
./Model/ResourceModel/Post.php
./Model/Post.php
./view/adminhtml/templates/posts.phtml
./view/adminhtml/layout/topic_posts_index.xml
./Setup/InstallSchema.php
./Controller/Adminhtml/Posts/Index.php
./etc/module.xml
./etc/adminhtml/menu.xml
./etc/adminhtml/routes.xml

今回はここまで。次回は投稿一覧を表示するGridページを作成する。Magento2 エクステンションの作成 その4に続きます。

 


最終更新 2018/12/05 15:03:24 - kztomita
(2018/11/30 13:13:35 作成)
添付ファイル
identities.jpg - kztomita