無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き

LinuxでのHX003ZT使用


概要

WILLCOM CORE 3GのUSBモデムHX003ZTをLinux (Fedora Core6)から使えるように設定する。

手順

(1) ZeroCDの抑止

HX003ZTにはZeroCD機能がついており、USBポートに挿すとCD-ROMドライブに見えてしまうため、ZeroCDを抑止する。

機能を抑止するには、HX003ZTに以下のATコマンドを実行する。

AT+ZCDRUN=8

再びZeroCDを有効にしたい場合は、AT+ZCDRUN=9 とする模様。

上記ATコマンドの実行はWindowsのハイパーターミナルから行った。(HX003ZTのCOMポートを指定して、ATコマンド実行)

(2) ドライバのインストール

Linuxを起動してHX003ZTをUSBポートに挿した後、以下のコマンドを実行してドライバを読み込む。(要root権限)

# /sbin/modprobe usbserial vendor=0x19d2 product=0x0031

うまくいけば、/dev/ttyUSBx(x:0〜2)のデバイスファイルが作成される。

(3) wvdial.confの修正

/etc/wvdial.cnfを編集してダイアルアップ情報を設定する。とりあえず接続ができた時のファイルは以下のとおり。(修正元ファイルの修正が残って無駄な記述がある可能性あり)
[Modem0]
Modem = /dev/ttyUSB2
SetVolume = 0
Dial Command = ATDT
Init1 = ATZ
Init3 = ATM0
FlowControl = CRTSCTS
Baud = 460800
[Dialer Prin]
Username = xxx <-- 適宜指定
Password = xxx <-- 適宜指定
Phone = *99#
Stupid Mode = 1
Init1 = ATZ
Init2 = ATQ0 V1 E1 S0=0 &C1 &D2 +FCLASS=0
Inherits = Modem0

Modemには、/dev/ttyUSB0〜2を設定してみたが、なぜかttyUSB2でしか接続できなかった。(NO CARRIERになる)

上記の設定後、GNOMEのsystem-config-networkから接続できた。

(4) ドライバの自動インストール

Linuxを起動後、毎回(2)のドライバのインストールをするのは面倒なので、udevの設定を行いドライバが自動で読み込まれるようにする。

/etc/udev/rules.d/60-zte.ruleという名前で以下のファイルを作成した。

ACTION!="add", GOTO="ZTE_End"

# Is this the actual modem?
SUBSYSTEM=="usb", SYSFS{idProduct}=="0031",
SYSFS{idVendor}=="19d2", GOTO="ZTE_Modem"

LABEL="ZTE_Modem"
# This is the Modem part of the card, let's
# load usbserial with the correct vendor
# and product ID's so we get our usb serial devices
RUN+="/sbin/modprobe usbserial vendor=0x19d2 product=0x0031",
# Make users belonging to the dialout group
# able to use the usb serial devices.
MODE="660", GROUP="dialout"

LABEL="ZTE_End"

再起動して、/dev/ttyUSB*が勝手に作成されていれば成功している。

(udevの設定に関しては"zte modem udev"で検索すると参考になる記述がたくさん出てくる。)

その他

スペック上は下り7.2Mbpsだが、現状はあまり性能がでない。。。


最終更新 2009/07/27 01:02:16 - kztomita
(2009/07/27 00:50:07 作成)