無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き
検索

Adsense

nfs設定


Rev.2を表示中。最新版はこちら

1. 概要

NFSの設定に関するメモ。iptablesでファイアウォールを動作させている時のポートの固定の仕方など。

2. 前提

Fedora Core 6環境で行ったので、RedHat系以外だと設定ファイルなどが異なる場合がある。nfs-utils,autofsはインストール済みであるものとする。

3. 構成

図1に示すような構成にする。


図1 ネットワーク構成

  • NFSサーバーはserv00
  • serv00は/exportを公開する
  • 接続を許すホストは192.168.0.0/24のホスト
  • nfsはTCP接続を使用する


4. NFSサーバー(serv00)の設定

4.1 公開ディレクトリの設定

NFSで公開するディレクトリを/etc/exportsに追加する。

/etc/exports

#<公開するディレクトリ>  <接続を許すホスト><オプション>
/export     192.168.0.0/24(rw,all_squash,sync)

編集したら'/usr/sbin/exportfs -r'として、設定を反映させる。現在の設定は'/usr/sbin/exportfs -v'で確認できる。

4.2 接続ホストの指定

NFS接続を許すホストを指定する。指定したホストだけに接続を許可するため、/etc/hosts.denyで全てのアクセスを拒否する設定を行い、/etc/hosts.allowでNFSに関連するデーモンについて192.168.0.0/24からのアクセスを許可する。

/etc/hosts.deny
ALL: ALL
/etc/hosts.allow
portmap lockd rquotad mountd statd: 192.168.0.0/255.255.255.0

4.3 NFSの動作開始

NFSのサービスを開始する。

# /etc/init.d/nfs start

起動時に自動でNFSサービスが起動するように設定する。

# /sbin/chkconfig --level 345 nfs on
# /sbin/chkconfig --list nfs
nfs             0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off

4.4 ファイアウォール環境の場合


5. NFSクライアントの設定

5.1 静的mount

5.2 autofsによる動的mount



最終更新 2007/01/16 13:50:50 - kztomita
(2007/01/16 13:28:51 作成)
添付ファイル
nfs_env.png - kztomita