無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き
検索

Adsense

Plesk環境でのLogwatch


Rev.1を表示中。最新版はこちら

概要

Plesk環境ではログの格納場所が特殊なものがある(httpdのログなど)。このため、logwatchをインストールしても標準のconfigのままでは、ログがチェックされないものがある。各種ログをチェックするための設定を示す。

logwatch自体はrpmによりインストールしてあるものとする。

httpdログの設定

httpdのログはドメイン毎に/var/www/vhosts/<domain name>/statistics/logsに格納されている。このため、/etc/logwatch/conf/logwatch.confのLogDirでログの検索ディレクトリとして/var/www/vhostsを指定する。(LogDirは複数指定できないので、全ドメインで共通の.../vhostsまでを指定する。)

/etc/logwatch/conf/logwatch.conf
LogDir = /var/www/vhosts

Print = Off
Service = All
Mailer = /usr/sbin/sendmail -t
次にhttpグループのログファイル名をドメイン毎に指定する。これは、logfiles/http.confに以下のように記述する(foo.jp, bar.comの例)。

/etc/logwatch/conf/logfiles/http.conf
LogFile = foo.jp/statistics/logs/*access_log
LogFile = bar.com/statistics/logs/*access_log








最終更新 2009/11/15 16:50:00 - kztomita
(2009/11/15 16:50:00 作成)