無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き
検索

Adsense

MFC-7820NをLinuxから使う


Rev.1を表示中。最新版はこちら

1. 概要

ブラザー工業のプリンター MFC-7820NをLinux (Fedora Core4)からネットワーク接続で使う時のメモ。

2. MFC-7820Nの(個人的に)嬉しいところ

  • レーザー印刷
  • ネットワークプリンタとして使える
  • Linux用のドライバが提供されている
  • コピー機としても使える

3. 設定

3.1 準備

付属ソフト(Windows用)からMFC-7820NのIPアドレスの設定などを行い、Windowsからネットワークプリンタとして使えるようにする。

3.2 ドライバのインストール

lprドライバ、cupsドライバの二つをインストールする。ドライバ(rpm形式)は以下からそれぞれダウンロードできる。cupsドライバはlprドライバのWrapperで、lprプリンタをcupsプリンタとして動作させている模様。 以下のようにしてダウンロードしたドライバをインストールする。
# rpm -ivh brmfc7820nlpr-2.0.1-1.i386.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:brmfc7820nlpr          ########################################### [100%]
# rpm -ivh cupswrapperMFC7820N-2.0.1-1.i386.rpm
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:cupswrapperMFC7820N    ########################################### [100%]
Stopping cups: [  OK  ]
Starting cups: [  OK  ]
#

インストールはこれで完了。/usr/local/Brother/にファイルがインストールされている。/etc/printcapも自動で作成されている。

3.3 設定

CUPSプリンタとしての設定を行う。ブラウザから「http://localhost:631/」にアクセスすると、CUPSの管理ページが表示される。


最終更新 2007/05/22 14:56:51 - kztomita
(2007/05/22 14:56:51 作成)
添付ファイル
manage.jpg - kztomita
printer.jpg - kztomita
P1000019.JPG - kztomita