無料Wikiサービス | デモページ
Linuxなどのメモ書き
検索

Adsense

LinuxでのHX003ZT使用


Rev.1を表示中。最新版はこちら

概要

WILLCOM CORE 3GのUSBモデムHX003ZTをLinux (Fedora Core6)から使えるように設定する。

手順

1. ZeroCDの抑止

HX003ZTにはZeroCD機能がついており、USBポートに挿すとCD-ROMドライブに見えてしまうため、ZeroCDを抑止する。

機能を抑止するには、HX003ZTに以下のATコマンドを実行する。

AT+ZCDRUN=8

再びZeroCDを有効にしたい場合は、AT+ZCDRUN=9 とする模様。

上記ATコマンドの実行はWindowsのハイパーターミナルから行った。(HX003ZTのCOMポートを指定して、ATコマンド実行)

2. ドライバのインストール

Linuxを起動してHX003ZTをUSBポートに挿した後、以下のコマンドを実行してドライバを読み込む。(要root権限)

# /sbin/modprobe usbserial vendor=0x19d2 product=0x0031

うまくいけば、/dev/ttyUSBx(x:0〜2)のデバイスファイルが作成される。

3. wvdial.confの修正



最終更新 2009/07/27 00:50:07 - kztomita
(2009/07/27 00:50:07 作成)