無料Wikiサービス | デモページ
検索

アクセス数
最近のコメント
kprobe - ななし
ksetの実装 - スーパーコピー
カーネルスレッドとは - ノース
カーネルスレッドとは - nbyst
asmlinkageってなに? - ノース
asmlinkageってなに? - よろしく
はじめ - ノース
はじめ - ノース
はじめ - 楽打連動ユーザー
はじめ - 楽打連動ユーザー
Adsense
広告情報が設定されていません。

sysfsシステムコール


登録されているファイルシステム名/インデックスを取得するシステムコールです。インデックスは0オリジンです。
オプション1:引数のファイルシステムのインデックス
オプション2:引数のインデックスのファイルシステム名
オプション3:登録されているファイルシステム数
インデックスはシステムに登録された順序になります。
#include <unistd.h>
#include <sys/syscall.h>
#include <sys/types.h>
#include <signal.h>
#include <stdio.h>

int
main(int argc, char *argv[])
{
       int     err;
       char    arg[64];

       err = syscall(SYS_sysfs, 1, "ramfs", NULL);
       printf("%d\n", err);

       err = syscall(SYS_sysfs, 2, 20, arg);
       printf("%s\n", arg);

       err = syscall(SYS_sysfs, 3, NULL, NULL);
       printf("%d\n", err);
}

[root@localhost kitamura]# cat /proc/filesystems | nl
  :
   14  nodev   anon_inodefs
   15  nodev   configfs
   16  nodev   devpts
   17          ext3
   18          ext2
   19          ext4
   20  nodev   ramfs
   21  nodev   hugetlbfs
   22          iso9660
   23  nodev   autofs
   24  nodev   pstore
   25  nodev   mqueue
   26  nodev   binfmt_misc
   27  nodev   rpc_pipefs

[root@localhost kitamura]# ./a.out
19
hugetlbfs
27
リストヘッドとするfile_systemsを走査しているだけです。try_module_get()はファイルシステムのモジュールがMODULE_STATE_LIVEかチェックします。
SYSCALL_DEFINE3(sysfs, int, option, unsigned long, arg1, unsigned long, arg2)
{
       int retval = -EINVAL;

       switch (option) {
               case 1:
                       retval = fs_index((const char __user *) arg1);
                       break;

               case 2:
                       retval = fs_name(arg1, (char __user *) arg2);
                       break;

               case 3:
                       retval = fs_maxindex();
                       break;
       }
       return retval;
}

static int fs_index(const char __user * __name)
{
       struct file_system_type * tmp;
       char * name;
       int err, index;

       name = getname(__name);
       err = PTR_ERR(name);
       if (IS_ERR(name))
               return err;

       err = -EINVAL;
       read_lock(&file_systems_lock);
       for (tmp=file_systems, index=0 ; tmp ; tmp=tmp->next, index++) {
               if (strcmp(tmp->name,name) == 0) {
                       err = index;
                       break;
               }
       }
       read_unlock(&file_systems_lock);
       putname(name);
       return err;
}

static int fs_name(unsigned int index, char __user * buf)
{
       struct file_system_type * tmp;
       int len, res;

       read_lock(&file_systems_lock);
       for (tmp = file_systems; tmp; tmp = tmp->next, index--)
               if (index <= 0 && try_module_get(tmp->owner))
                       break;
       read_unlock(&file_systems_lock);
       if (!tmp)
               return -EINVAL;

       len = strlen(tmp->name) + 1;
       res = copy_to_user(buf, tmp->name, len) ? -EFAULT : 0;
       put_filesystem(tmp);
       return res;
}

static int fs_maxindex(void)
{
       struct file_system_type * tmp;
       int index;

       read_lock(&file_systems_lock);
       for (tmp = file_systems, index = 0 ; tmp ; tmp = tmp->next, index++)
               ;
       read_unlock(&file_systems_lock);
       return index;
}

manによる説明

この System-V 由来のシステムコールは廃止予定 (obsolete) であり、 使用しないこと。 /proc が利用できるシステムでは、同じ情報が /proc/filesystems 経由で取得でき、このインタフェースを使用すること。


最終更新 2014/04/29 18:51:20 - north
(2014/04/29 18:51:20 作成)