無料Wikiサービス | デモページ
検索

アクセス数
最近のコメント
kprobe - ななし
ksetの実装 - スーパーコピー
カーネルスレッドとは - ノース
カーネルスレッドとは - nbyst
asmlinkageってなに? - ノース
asmlinkageってなに? - よろしく
はじめ - ノース
はじめ - ノース
はじめ - 楽打連動ユーザー
はじめ - 楽打連動ユーザー
Adsense
広告情報が設定されていません。

ブロックデバイススペシャルファイルの参照


ファイルの読み書きは、FILEのアドレスマップのpageをキャッシュとして行います。ファイルをopenすると、ファイルのdentryを取得し、__dentry_open()がコールされ、struct fileを取得します。この時、f->f_mapping = inode->i_mappingとして、オープンするファイルinodeのアドレスマップをpageキャッシュとなります。パーティション毎のデバイスファイルはそれぞれにinodeを有しているわけで、従ってパーティション毎のf->f_mappingも独立したものになります。

inodeにi_fopコールバックがある場合、f->f_op->openがコールされます。通常はgeneric_file_open()がコールされ、フラグ/サイズのチェックが行われるだけですが、ブロックデスペシャルファイルの場合、blkdev_open()がコールされ、filp->f_mapping = bdev->bd_inode->i_mappingで、ブロックデバイス自身のアドレスマップをが設定されます。

パーティションは同じブロックデバイスで、パーティションのデバイススペシャルファイルのf->f_mappingは、ブロックデバイスのそれとなり、かかるパーティションのpageキャッシュはデバイスのサイズに応じたpageを共有することになります。
static struct file *__dentry_open(struct dentry *dentry, struct vfsmount *mnt,
                                       struct file *f,
                                       int (*open)(struct inode *, struct file *),
                                       const struct cred *cred)
{
       static const struct file_operations empty_fops = {};
       struct inode *inode;
       int error;

       f->f_mode = OPEN_FMODE(f->f_flags) | FMODE_LSEEK |
                               FMODE_PREAD | FMODE_PWRITE;

       if (unlikely(f->f_flags & O_PATH))
               f->f_mode = FMODE_PATH;

       inode = dentry->d_inode;
       if (f->f_mode & FMODE_WRITE) {
               error = __get_file_write_access(inode, mnt);
               if (error)
                       goto cleanup_file;
               if (!special_file(inode->i_mode))
                       file_take_write(f);
       }

       f->f_mapping = inode->i_mapping;
       f->f_path.dentry = dentry;
       f->f_path.mnt = mnt;
       f->f_pos = 0;
       file_sb_list_add(f, inode->i_sb);

       if (unlikely(f->f_mode & FMODE_PATH)) {
               f->f_op = &empty_fops;
               return f;
       }

       f->f_op = fops_get(inode->i_fop);

       error = security_dentry_open(f, cred);
       if (error)
               goto cleanup_all;

       error = break_lease(inode, f->f_flags);
       if (error)
               goto cleanup_all;

       if (!open && f->f_op)
               open = f->f_op->open;
       if (open) {
               error = open(inode, f);
               if (error)
                       goto cleanup_all;
       }
       if ((f->f_mode & (FMODE_READ | FMODE_WRITE)) == FMODE_READ)
               i_readcount_inc(inode);

       f->f_flags &= ~(O_CREAT | O_EXCL | O_NOCTTY | O_TRUNC);

       file_ra_state_init(&f->f_ra, f->f_mapping->host->i_mapping);

       if (f->f_flags & O_DIRECT) {
               if (!f->f_mapping->a_ops ||
                   ((!f->f_mapping->a_ops->direct_IO) &&
                   (!f->f_mapping->a_ops->get_xip_mem))) {
                       fput(f);
                       f = ERR_PTR(-EINVAL);
               }
       }

       return f;

cleanup_all:
       fops_put(f->f_op);
       if (f->f_mode & FMODE_WRITE) {
               put_write_access(inode);
               if (!special_file(inode->i_mode)) {
                       file_reset_write(f);
                       mnt_drop_write(mnt);
               }
       }
       file_sb_list_del(f);
       f->f_path.dentry = NULL;
       f->f_path.mnt = NULL;
cleanup_file:
       put_filp(f);
       dput(dentry);
       mntput(mnt);
       return ERR_PTR(error);
}

static int blkdev_open(struct inode * inode, struct file * filp)
{
       struct block_device *bdev;

       filp->f_flags |= O_LARGEFILE;

       if (filp->f_flags & O_NDELAY)
               filp->f_mode |= FMODE_NDELAY;
       if (filp->f_flags & O_EXCL)
               filp->f_mode |= FMODE_EXCL;
       if ((filp->f_flags & O_ACCMODE) == 3)
               filp->f_mode |= FMODE_WRITE_IOCTL;

       bdev = bd_acquire(inode);
       if (bdev == NULL)
               return -ENOMEM;

       filp->f_mapping = bdev->bd_inode->i_mapping;

       return blkdev_get(bdev, filp->f_mode, filp);
}

int generic_file_open(struct inode * inode, struct file * filp)
{
       if (!(filp->f_flags & O_LARGEFILE) && i_size_read(inode) > MAX_NON_LFS)
               return -EOVERFLOW;
       return 0;
}
通常ファイルのオープンは、そのファイルのファイルシステムのオペレーションコールバックが、通常のファイル/ディレクトリ/リンクに応じてnode->i_opに設定されますが、そうでないなら init_special_inode()がコールされ、デバイススペシャルファイルの時def_blk_fopsが設定されます。
const struct file_operations def_blk_fops = {
       .open           = blkdev_open,
       .release        = blkdev_close,
       .llseek         = block_llseek,
       .read           = do_sync_read,
       .write          = do_sync_write,
       .aio_read       = generic_file_aio_read,
       .aio_write      = blkdev_aio_write,
       .mmap           = generic_file_mmap,
       .fsync          = blkdev_fsync,
       .unlocked_ioctl = block_ioctl,
#ifdef CONFIG_COMPAT
       .compat_ioctl   = compat_blkdev_ioctl,
#endif
       .splice_read    = generic_file_splice_read,
       .splice_write   = generic_file_splice_write,
};

void init_special_inode(struct inode *inode, umode_t mode, dev_t rdev)
{
       inode->i_mode = mode;
       if (S_ISCHR(mode)) {
               inode->i_fop = &def_chr_fops;
               inode->i_rdev = rdev;
       } else if (S_ISBLK(mode)) {
               inode->i_fop = &def_blk_fops;
               inode->i_rdev = rdev;
       } else if (S_ISFIFO(mode))
               inode->i_fop = &def_fifo_fops;
       else if (S_ISSOCK(mode))
               inode->i_fop = &bad_sock_fops;
       else
               printk(KERN_DEBUG "init_special_inode: bogus i_mode (%o) for"
                                 " inode %s:%lu\n", mode, inode->i_sb->s_id,
                                 inode->i_ino);
}
EXPORT_SYMBOL(init_special_inode);

補足

パーティションのスペシャルファイルのinodeのsizeは、パーティションのサイズで、read()でそのサイズを超えていればエラーとなり、ベースのデバイスファイルでなくパーティションのスペシャルファイルを介して、他のパーティション領域を参照することはできません。

ブロックデバイスにバルク的なやり取りで巨大なデータを保存する等、直接デバイススペシャルファイルで読み書きすることで、inodeを介する必要はなく、またかかるinode/データブロック等も必要ないため、高速でデバイス領域全体を実領域として使うことができます。またユーザランドサイドで単純なストリームのバルクデータ管理機能を実装することで、セキュリテをかねた保存デバイスシステムの構築も可能です。

最終更新 2014/11/09 05:48:11 - north
(2014/11/08 21:27:41 作成)