無料Wikiサービス | デモページ
BLUEDOT社製android端末BNP-500Kのwiki
最近更新したページ

FrontPage


BLUEDOT 製 Android 搭載端末に関するまとめwikiです。
新規購入の参考や運用テクニックの情報共有などにお使い下さい。

BitHiveアカウント所持者は自由に編集可能

購入を考えている方へ
不具合報告ちょこちょこありますが、同価格帯の他社スマホに比べ非常にコスパが高いのでおすすめです。
返品交換8日までOK。交換報告アリ。良心的なサポートが期待できる予感?
レビューでは価格が安いから大概許すわ的な評価が多い。
普段使いも問題なく、ポラスマ並に普及する可能性あるんじゃね?と思われます。

注意点:公式サイトで買わないと高い。
尼、店舗で買うと12〜14kと高め。
現在 公式サイト ¥8880で販売中

2chスレパート3 >>355
データ領域を1600MB→2600MBに変更したカスROM投下された模様

メニュー

テンプレ


1,
wiki
http://wiki.bit-hive.com/bnp_500k/

BNP-500
https://www.bluedot.co.jp/products/bnp500/

オンラインショップ
https://www.bluedot.co.jp/store/products/detail.php?product_id=4

W-CDMA方式のSIMフリースマートフォン「BNP-500」について
プレスリリース配信(2014年9月17日、@Press)
http://www.atpress.ne.jp/view/51144

この商品の発売予定日は2014年10月20日です。(amazon)



2,
主な仕様:
マイクロプロセッサ:ARM Cortex-A7 1.3GHzクアッドコア
内蔵メモリ:1GB
内蔵ストレージ:4GB(空き容量1.5GB程度)
外部メモリ:microSDカードスロット(128GBまで確認)
ディスプレイ:5.0インチ(1280×720画素)
SIM:標準サイズ
バッテリー容量:2000mAh
Bluetooth:バージョン4.0
カメラ:前面200万画素/背面800万画素
本体質量:約152g
外形寸法:145×72.8×8.6mm

対応周波数:
W-CDMA:800/2100MHz
GSM:850/900/1800/1900MHz


3,
これから買う奴は特性をよく考えて買え

■他の一万円スマホより有利な点
・画面解像度が高め(1280x780は一万円以下のスマホでは大変珍しい)
・電子コンパスが付いている(一万円以下のスマホでは大変珍しい)
・性能がそこそこ良い(antutuスコア18000程。同じ解像度で5インチのF5は12000程度)
・メニューキーにランプが付いているので暗闇でもボタン位置が分かる(一万円以下のスマホでは珍しい)

■欠点
・内部ストレージの空き容量が1.5GBしかない
・android4.4.2なので、アプリの移動の制限が大きい
・解像度が高い分、タッチ応答が若干鈍い

■総括
画面解像度が高く、文字がクッキリなので、ネット閲覧やブックリーダー用途に向いている
反面、
画面のタッチ応答速度がやや鈍く、内部ストレージも少ないのでゲーム用途には不向き
音質は最大普通
電池持ちは可もなく不可もなく
待ち受け専用で全く触らなければ1週間程度は持つ
カメラの質はそんなによくはないが
800万画素でフラッシュや近接、オートフォーカスも付いておりメモ代わりにはなる感じ
GPSや各種標準的なセンサーもひととおり揃っており普段使いには十分
但し、151グラムと重量があり


2ch スマートフォン板


前スレ
【MVNO】 BLUEDOT ブルードット BNP-500 パート3 [転載禁止](c)2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1435936345/

【MVNO】 BLUEDOT ブルードット BNP-500 パート2 [転載禁止](c)2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1433829964/

【MVNO】 BLUEDOT ブルードット BNP-500
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/smartphone/1411945012/

最終更新 2015/08/19 23:42:27 - bnp500k
(2015/06/13 12:35:04 作成)